本文へ移動

運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメント

輸送の安全に関する基本方針
1 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根底であることを深く認識し、車内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たす。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。
2 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。 輸送の安全に関する目標及び達成状況
 
令和2年度目標          達成状況
1.今年度、※重大事故ゼロに!        0件             2.飲酒運転の撲滅!       飲酒0件                     
3.苦情件数0件          0件        
  ※有責の第一当事者となる自動車事故報告規定第2条第3号に規定する事故           
 
  輸送の安全に関する重点施策 輸送の安全に関する方針に基づき、次の事項を実施する。
1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守する。
2. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。
3. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
4. 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施すること。
 
           輸送の安全に関する計画
1. 交通事故、災害等発生時における救護義務等についての教育・指導の徹底。
2. 進路変更、ドア開閉、発進停止時、右左折時には、二輪車を先にやり過ごすように指導の徹底を図る。
3. 目視確認を徹底させ、正しい判断、動作についての指導教育を実施。
4. 交差点通過時の安全確認の徹底。(交差点は事故が多発、通過時の優先意識の排除。)
5. タコグラフを活用し、速度超過者を指導する。
6. ヒヤリ・ハット情報を収集し、事故防止対策の検討並びに事故防止教育に取り組む。
●乗務員年間教育 
・年間教育計画表により教育
《令和2年度の取り組み》
1. 情報伝達の確認
①事故防止会議及び意見交換会
②管理者選任・解任
 本社・運行管理者 渡辺正夫解任し白河営業所にて選任
白河営業所に岩野 恭一を選任
本社・運行管理者 稲村功を選任
2. 安全管理と事故防止策
①安全管理
・適性診断(一般、適齢、初任)栃木県事故防止対策機構にて受講
・運転記証明書を申請し、日頃の違反の確認
・チェーン装着の練習
②安全設備
・安全機能(衝突被害軽減ブレーキ、ふらつき警報等)を装備した新型車両導入
③事故防止策
行動する前に一呼吸おいて安全確認してから行動することを徹底
 
     安全統括責任者   渡邊 正夫
栃木県那須塩原市 本社
西那須観光バス株式会社 本社
〒329-2741
栃木県那須塩原市北赤田1586-23 TEL.0287-36-7343
FAX.0287-36-9107
 
西那須観光バス株式会社 白河営業所
〒961-8071
福島県西白河郡西郷村大字真船字芝原269
TEL.0248-21-6391
FAX.0248-21-6392

一般貸切旅客自動車運送事業
関自旅1 第1062号

○日光方面
日光東照宮・輪王寺など
○今市方面
霧降高原・大笹牧場など
○川治方面
川治ダム・五十里湖ダムなど
○塩原方面
木の葉化石園・鍾乳洞源三窟など
○那須方面
那須ロープウェイ・那須オルゴール美術館など
○大子町方面
袋田の滝・竜神の滝など
○南会津方面
大内宿・塔のへつりなど 
マイクロ・ロングバス
小型バス・サロン
中型バス・サロン
大型バス・サロン
TOPへ戻る